四之宮舞依のまったりブログ。

~占いに関係あったりなかったり~
TOPスポンサー広告 ≫ 9月のお仕事予定/ポリシーTOP占い ≫ 9月のお仕事予定/ポリシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

9月のお仕事予定/ポリシー

ちょっと気を抜いたら9月になっていました…((((゚д゚;)))) うかうかしてるとあっという間に今年が終わってしまいますね!! タイムイズマネー、時よ止まれそなたは美しい。

と、取り急ぎ9月の予定(確定分)をば…
と言っても普段と大して変わらないのですが。


鑑定場所:JR関内駅南口より徒歩1分のビル内にあるレンタルスペース

平日(月~金):18時半~20時
休日(土日祝):10時~16時

以上が鑑定開始時刻の範囲です。

ただし、9/6(土)、9/7(日)、9/15(月・祝)は現時点で鑑定不可です、予めご了承くださいませ。
平日の午前・昼間の鑑定は応相談になりますので、お早目にご連絡いただければ調整可能です。
よろしくお願いいたします。


わたしもこう見えて結構いい歳なので(笑)、時たま飲みに誘われることもあります。
そんな場では、わたしが占いが出来ることを知った人が「みてみて~」と手を差し出してくることも多いのですが、
「(お酒を)飲んだら観ない、観るなら飲まない」
がわたしのポリシーです。なので、居酒屋さんへ行ってもお酒は飲まず、お食事だけで済ますことも多いです。
というのも、
「占ってほしいけど、何を言われるかわからないからちょっとこわい」
「素面だとなかなか言えないけど、お酒の力を借りて、勢いで頼んでみよう!」
などなど、こういう場では、軽い雰囲気で頼んでくる方ほど実は切実に悩んでいたり、自分の中の勇気を振り絞っていらっしゃったりするからです。そして表面上では「何を言われても気にしないわ~」とニコニコしていても、内心ではひどく緊張していて、こちらの言葉を一字一句聞き漏らさないよう気を張っていたりします。
そんな方に対して、お酒を飲んだ状態で鑑定するなんてことは私にはできません。
個人差はあると思いますが、少なくとも私はお酒を飲むと感覚が鈍ります。普段鑑定をしているときは頭の中が夜明け前の空気のように澄んでおり、または澄み渡らせるようにしているのですが、アルコールが入るとどうしてもその辺の調節がうまくいかなくなるのです。
空気中のアルコールくらいなら鑑定しているうちに蹴散らせるのですが(笑)、直接身体に入ってしまうと難しいです。
だからわたしは鑑定する可能性がある飲み会では絶対に飲まないし、飲んだ後は醒めるまで鑑定しません。
お相手はお互いに飲んだ状態での鑑定を望まれる場合もありますし、「飲んだ時の鑑定なんだから気にしない」という方もいますが、そう仰る方ほど気にするんです、これ絶対。(笑)
決して遊び半分で占いを始めたわけではありませんから、どんな状況、どんな状態であろうとも、占い師としての言葉が相手にどんな影響を及ぼすか、ということは常に気にかけています。
難しい言葉や専門用語は出来る限り使わず、かみ砕いて説明して、決して間違った意図で伝わることはないように。
今、目の前にいる方が幸せを見つけられるように。
だから私は鑑定中にアルコールは摂取しません。
相手がたとえ酔っていても、真剣にその道を選ぼうと、歩こうとされているのなら、私はただそのお気持ちに応えるべく誠実に鑑定するだけだからです。
相手が酔っているから自分も酔っていい、なんてことは私の中では通用しないんですね。
これが私の中の、占いに対するポリシーのひとつです。

…単純に酒に強いか弱いかと聞かれたら、父親がザルだし私自身も若い頃はカクテル5~6杯くらいは軽く飲んでたし、これまで悪酔いも飲んで吐いたこともないので多分強いほうなんでしょうかねえ。炭酸とコーヒーがだめなのでビールやカルアミルクは飲めないんですが。でも私は雰囲気で酔える人間なので(笑)飲み会でお酒を飲まなくても結構楽しいんですよね。
ただ、私が飲まないことを気にされる方もいらっしゃるのでこの場を借りて軽く思いの丈をぶちまけてみました。
一般の方の飲み会に混ざった占い師が、占いをしないという選択肢はほぼ存在しないので(笑)
スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2014年12月06日(Sat) 00:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。